萌え尽き症候群

ある人からとてもいい言葉を聞いたので予定を変更してそれを紹介していきたい。

一般的には「燃え尽き症候群」と書くと思うが、まえに「ぴっちーかてごりー」を立ち上げた際いろいろなことを経験させていただいた。一目惚れで一気にネタを作り後で何かあった際には何も出てこない。
話の成り行きがとても人災的だったとはいえ、自分というものはこんなにも一目惚れしたアニメに対して残酷な態度をとろうとしていたのか。

萌え尽き症候群の症状については以前にも某所で話をしたことはあったが、その当時はその言葉を知らなかった。
「ぴちぴちピッチ」のみに関していうとそれがひどかった。
一目惚れした後の落胆は怖いが、それを加速させる要素が多いと言わずもがなである。
それは周りの後立てが無い状態であった。最初の頃のぴちぴちピッチはとても不評でそれを取り上げたサイトは必ず荒らされるということが後を絶たなかった。そのたびに閉鎖を余儀なくされたサイトは多い。後に調査したところその手のサイトは掲示板しか無い状態だったということは小生は何度も述べている。

未だにぴちぴちピッチ系のサイトでまともに運営を営んでいるサイトが少ないのにはこの燃え尽き症候群も一因している。多くのアニメサイトはその特定のアニメにより各サイトの管理人と多くの人脈を得ることになるがそこに質という問題が関わってくる。小生が「ここわぁわたしわぁ」系と称することにしたいわゆる一部の中学生が運営している「身の無いサイト」を見るにつけ「自分には見る目がなかったのか」と落胆する。また一年するかしないかで平気でサイトを移転したりするのでたちが悪い。相互リンクを張っているのにそれをありがたくも忘れておられる方もいた。

「質の悪い」人間とつきあうことはそれだけでリスクということである。これに年は関係ない。また燃え尽き症候群を加速させるに十分な威力を持っている。

ちょっとだけいいことがあった。誰かが某所に「ぴっちーかてごりー」を登録していてくれたことだ。これはとてもうれしかった同時に少しやる気が出たのはいうまでもない。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-05-06 22:06 | ホームページの鬼 | Trackback | Comments(0)

今日は臨時で「挨拶」について


「乙かれん様w」ってぴっちが残した偉大な言葉ですね。
読んでいてそう感じました。
さて、ここ最近ぴっちとふたひめとを比べることが多くなりまして、ぴっちにはいろいろな問題点が多すぎたなぁと実感する今日この頃です。
一部のぴっちーふぁんはなってない。そう言い切ってしまいたい事です。理由は多岐にわたるので言うのはやめます。

あるブログに書き込みをしようとしたらあまりにも文字数が多すぎるので書き込みが出来ないと言われたので自分ところのネタにさせていただきます。
内容としては挨拶についてですが、ちょっと特定方面の話なのでそこのところはご了承ください。

ある書き込みを見させていただきましたが、身のない書き込みだったのでてっきり荒らしまがいかと思いました。とはいえいちいち言いつけるまででもないのでほっときました。そこでふと気づきましたが、自分はちゃんとそれ相応の挨拶をきちんとしただろうかと感じたことです。一時期は会社で挨拶がなっていないという不名誉なお言葉をちょうだいしたことがありました。さすがに数ヶ月そこで仕事をしていてそう言われるのはとてもつらいことです。それをネタに難癖つけられることもありますが、とても居づらいことは確かです。会社の場合であれば「辞める」事でその状態を無かったことに出来ますが、とかく「ネチケット」とうるさく言う人がいるくらいインターネットでは挨拶をはじめとして各種の最低常識に気を遣わないといけないのですね。何しろインターネットの場合は修正が効かないと思うんですね。文字でのやりとりですから。

-挨拶で振り返るIAKの歴史-

まだ小生がIAKをインターネット上で展開する前のですが、とてつもない失敗を繰り返していました。ほかのハンドルネームを使ってみたり、各掲示板で同じ内容の書き込みを繰り返していたりしました。それはちょうどある小説の原稿を書いていた頃でもあります。やがてその後のIAKのインターネット展開を開始した頃まで引きずり、いや余計にひどくなったのかもしれません。当時SEO対策のやり方をを知らなかった小生ですから、各サイトさんの掲示板への書き込みを繰り返しては二つ三つぐらい入室禁止を食らったことがあります。しかしそれは「身をもって体験すべき間違い」だったと今では思っています。

最近「ふしぎ星のふたご姫」のネタを扱うようになってから今までのIAKに無かったことが起きています。それはリンクを前もって張ってくれる人がいたと言うことです。本当にありがたいと思いました。今まではお願いして相互リンクを張らせてもらっていたのです。逆に張ってもらうというのは気分が楽です。

-ここからは別ネタ-

さてここでコンテンツをしっかり作り込むと言うことがどういう事かというと「定評」を得るためです。しいてはそれが「誰かが勝手にリンクを張ってくれる」と言うことにつながってきます。インターネットをすると言うことはまず身のある情報を得ることですから、そのためにコンテンツをしっかり作り込むのが大事なのです。
ふたひめふぁんの方はとても恵まれた環境にいると感じられるのではないでしょうか。オフィシャルサイトでは「各国の情報」を仕入れる事が出来、それを自分でいち早く料理してしまうことが可能です。はじめは日記程度で書いていたところしかなかった状態からだんだん中身の濃いサイトが出はじめます。
今回IAKは運を賭けるように「ふしぎ星のふたご姫」関係のネタを作りました。ただ今までの情勢と違うのは放映開始から数ヶ月後に登場するやもしれない「中身の濃い」サイトを放映数ヶ月後に作ってしまったことです。
作り込めば必ずくる。その信条に揺らぎはありませんでした。
実はぴっちの時でもはじめは日記程度で書いていたところが多かったのですが、次第に情報を提供するサイトが増えてきました。ところがぴっちの場合はそこまでに至る期間が1年もあった事です。その間掲示板しか持たないサイトの半年足らずでの閉鎖が相次ぎ今では陰もない状態になっています。そしてぴっちの放映終了後IAKにも大きな影響が現れました。それがアクセス数減少です。「ぴっちではもたない」と言うのがその結果に対しての結論です。

「ふしぎ星のふたご姫」がその窮地を救ってくれるものと確信したことはもう言うまでもありません。コンテンツをしっかり作り込みアクセス数を稼ぐことを念頭に置くのであれば数年の経験と一瞬の勘が必要なのだと今思います。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-05-04 21:49 | ぶっちゃけ→他事騒音 | Trackback | Comments(0)

掲示板は一個だけでお願いします。

最近某サイトさんの掲示板を共有させていただいております。
とはいえ書き込みが多い場合はそういうことをしている場合ではないのでしょうが、掲示板と言えば2ちゃんねる。2ちゃんねるといえばスレ、レスと言った具合に「どんなことを書き込んでもよし。スレッドたて放題」とまでは行かなくとも自由柔軟に掲示板がのびていくことはある弊害があったとしてもそれはすごいことです。
はじめは2ちゃんねると言えどもあんなに大規模ではなかったことでしょう。はじめて2ちゃんねるにふれる機会が起こったときに何をどうしたらいいのかわからずじまいでした。

似たようなことが実は普通のサイトでもあります。
たとえば「コンテンツを見てもらって感想をもらう」のが普通のサイトにおかれている掲示板のあり方であると思います。CGサイトの掲示板はその一番わかりやすいものですね。CGの感想について「よかった、さいこー、ぐらっちぇ」と言った具合に述べたりするわけです。
ところが掲示板だけのページがあります。しかも何個も掲示板があります。
2ちゃんねるでスレッドをたてるのと普通のサイトで掲示板を増設するのはとても似ています。しかし似て異なる場合があります。
2ちゃんねるで不要なスレッドをたてると書き込みがないばかりか怒号に見舞われることがあります。しかし最近では2ちゃんねるも検索がしやすいようになったので当然誰も不要なスレッドに書き込みをしないところに行くことはないでしょう。
ところが普通のサイトで掲示板を複数もうけるというのは結構面倒です。
なぜなら2ちゃんねるでスレッドをたててもその本体自体を管理するのはスレッドをたてた本人ではありません。

ただスレッドをたてるというのは必要に迫られてたてられるのです。
ところが掲示板を増やすのはそのスレッドをたてる行為とは全く趣が違います。
必要があるか否かです。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-04-29 12:48 | ホームページの鬼 | Trackback | Comments(0)

スマートランチャーの精神はノーサイドスクロール

IAKのトップページで必ず目にするものとしてスマートランチャーがあります。
これの最初の売り込みは
「すべての新ネタを5分以内で見ることができる」
でした。

各サイトで「こういうところを更新しました」というページがあります。
明らかにスマートランチャーの考え方はそれをすでに飛び越えたものでした。
以前のIAKはトップページが「エンターページ」ページでした。これは「ここからお入りください」と言うたいていの人ならおなじみのページです。そういうサイトの管理人は決まって「エンターページ」以外のリンクを嫌います。ついでに言うと他のページをブックマークに登録する事すら嫌います。たちが悪いのは後者の方です。
とはいえ、IAKにもその名残があります。それが「1ch」と言うページです。今では「ラジオ番組」に見立てたコンテンツを総括するページとしてだけ機能しています。

スマートランチャ-で新着コンテンツに案内する方法で有利な面はhttp://iak-cent.hp.infoseek.co.jp/で…例を言いますと「ぴちぴちピッチのネタ書きました」と書くとものすごいアクセスを獲得しました。これは昨日のように覚えています。
分析すればいろいろ出てきます。
しかし現実にこちらが享受しているこの恩恵はただのエンターページのままであったら絶対になかったことでしょう。
またスマートランチャ-はIAKの代名詞と考えている方も出てきました。こうなればすでに「勝負あり」です。

さてスマートランチャーではもう一つのことを気をつけています。
それは横スクロールをしなければならない状態を排しています。
みなさん、スマートランチャーはどんな風に見えますか?
[PR]
# by youkeiexc | 2005-04-22 21:06 | ホームページの鬼 | Trackback | Comments(0)

最近僕がこうしようと思ったこと。

これからの放送予定です。
スマートランチャーの精神はノーサイドスクロール。
掲示板は一個だけでお願いします。
見てもらうのではなく自分で使う。
不愉快な「工事中」。
トップページで挑発行為

以上のことについて某所での「くずサイト」発言のことも含めてお話をしていきたいと思います。
今上に書きつらったものは予定です。そりゃあ「放送予定」ってかいてたもんねぇ。
それなのでその予定したタイトルに沿って物事を進めていこうと思います。
実はすでにこのブログで大きな過ちを犯していたことが発覚していました。それが「予定」です。通常ブログはみなさん日記帳代わりとしている方がおられますが、僕の場合はそうと考えていません。ただテキストだけの更新ではこれを使うことがやっぱり便利であると考えた末にとっているものです。やはり主幹は
http://iak-cent.hp.infoseek.co.jp/
なのです。
最近は無料で短いドメインをとれるので
http://www.iak.or.nu/
と言うものも作りました。ほーら短いしかっこいい。自画自賛しても良いくらいです。
話がそれました。
下の方を見ていただければ良いのですが、「天下御免のエイ・ベックス!」はただタイトルだけ思いついて書いただけのものです。ちゃんと考えているんですけど、とても続きを書く気にならないんですね。次回は天下御免戦隊が出てきてCDーRを買いあさっていた女子高生を「著作権違反きっーく」とかつってやっつけるんですけど、なかなかそこへ行き着きません。予定を立てている時がものすごく幸せと言いますが、そのときにできるのであれば、その予定を立てている時に実行に移せればなんなくものは簡単にできてしまいます。
これをことわざで言うところの「鉄は熱いうちに打て」と言うことになります。
実を言いますと、今日はできたてのブログ「ビジネスクロウ」のネタを必死こいて考えていました。そのときにはぼこぼこでます。でもこれが明日にしようとなると絶対出てきません。
予定を立てて「はいこれだけ」にするとなぜか予定以上のものをしたくなります。そこでまずは予定を消化してから…
つまり予定はものを考える上での土台です。
ところが以前にわざと作ってあるお方に絶賛されてしまったホームページがあるんですが、後で紹介するとして、ここ数年間とても煮え切らない気持ちが続いていました。それは中学生が作るサイトはどうしてこんなのなのか…いやいや中学生とかでぴちぴちピッチファンを名乗る人たちのサイトってどうしてこんなにかっこつけているのか。しかも「荒らしの人進入禁止」って。それである箇所が工事中のままで半年足らずで閉鎖してしまう。最近でも相互リンクまでしていただくほど付き合いがあったところで閉鎖していたところを二件見つけ「ぴっちーねいてぃぶ」から抹消しました。一言もありません。ビックリしました。サイト運営は人それぞれですが、本当にここ数年間、いや、二年弱の間、かわいそうやら何何やらで複雑です。その中で出てきた「くずサイト」発言はこういういきさつを持っております。
そこから「我がフリ直せ」でぴっちーかてごりーに膨大なコンテンツを用意するようになったのはメールサービスを受け取っておられる方にとってはもう言うまでもありません。ちなみにぴっちーかてごりーはぴちぴちピッチをネタとして作られたコンテンツを総括するページであります。

○さてそのぴっちーかてごりーの書式はスマートランチャーの形式をとっております。
○表示の確認は三大ブラウザで行っております。
○自宅にいない時でネットカフェからのアクセスはスマートランチャーに半分頼ります。自分のページに行くと言うことですね。
○最近掲示板をリンチェさんのところと共同使用することにしました。
○できるだけコンテンツを作ってから更新を行っているのでさすがに毎日は無理です。
○そして最近ではスマートランチャーを新ネタの寄せ集めではなく一個の新ネタに関してのトップページとして使っていることもあります。
○最近「これぞチャンス」と思ったものは「ふたひめ」です。
○心配事は「自分が最近思い上がってるんじゃないだろうか」です。
と言った具合に最近の小生のサイトについて、プロフィール紹介風に放送予定としているタイトルの項目に答えてみました。あー失礼。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-04-21 23:38 | ホームページの鬼 | Trackback | Comments(0)

廃止続きですなぁ。今日は休止のお知らせですが。

掲示板の廃止
今までご愛顧していただきました「IAKカスタマーロビー」は今日をもって完全に廃止しました。短い間でしたが、ご利用ありがとうございました。

以下のコンテンツの休止
ここだから言えるライブドアの…
天下御免のエイ・ベックス!
を休止することにしました。

今日の話
テレビ局が節電するとすごいことになりそうと考えたりして。
まず深夜放送をやめにします。それだけで電気の消費量が国家単位で変わります。
その中で質を上げるには、…さーどうしましょう。
以前某芸人が「お笑いブームくそ食らえ」と言った人がいますが、それには「個人的に良い」と考えているのがゴールデンタイムに知的な番組を放送することです。また芸人が出ない番組を放映すると良いでしょう。もっとも昔はゴールデンタイムの時間帯でアニメを各局が競って放映していたのを記憶しています。昔みたいにゴールデンで放映できるアニメをかき集めやってしまえばタレントにギャラを払うことも芸人を酷使することもなくなりますがね。
さらに日中にやっている「無駄と言われた」再放送番組を中止してその間は試験電波を発信するようにしましょう。ひょっとしたら試験電波でも無駄かもしれませんのでそれもやめてしまいましょう。そうすれば使う電気料は少なくなって発電所が余ってしまうかもしれません。
ちなみに原子力発電以外のところの発電所は日中出力をあげ、夜間は実質下げているそうです。この実質は揚水発電所が夜中に電気を使って下のダムから上のダムに水をくみ上げるという形でエネルギーをためています。これは電気エネルギーが位置エネルギーとして蓄えられたと言うことになります。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-04-21 22:49 | IAKニュース | Trackback | Comments(0)

完全廃止する掲示板と他のニュース

IAKカスタマーロビー廃止
http://bbs.infoseek.co.jp/Board01?user=iak_center
先日よりリンチェさんちの掲示板La paix est une illusion.を共同使用することとなりました。
そのためIAKカスタマーロビー廃止を今月内で廃止することとなりました。
理由としてはアピール不足もありますが、書き込みがほとんどない状態だったからなんですね。
どうせなら共同使用をしようではないかということで先方様と意見が一致しました。
IAKに関する書き込みはタイトルに「にちの」の後にスペースをつけてタイトルとしてください。
例「にちの あのネタについて」
そのままタイトルを振った場合は先方様のホームページに関する書き込みとして扱われる場合がありますのでご注意ください。

悪い人の妄想使用停止
http://blog.livedoor.jp/waruihito_iak/
「ライブドアのブログは面倒すぎる」としてこちらは以前の「ぶっちゃけありえない話」同様使用停止を行いエキサイトのブログに乗り換えるというものです。
今までの項目はネタ倉庫としておくものとして、新ブログは「悪い人と一緒」になります。
「悪い人と一緒」では、ぴちぴちピッチ、プリキュア、ふしぎ星のふたご姫のネタを中心的に扱っていく予定です。

ビジネスクロウ開設
http://bcrow.exblog.jp/
これからネットワークビジネスを始める人にむけて「職業安心所」局長月島氏がリリースするブログです。またネットワークビジネスに対する自らの過ちとかをひけらかすものにもなっています。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-04-20 19:21 | IAKニュース | Trackback | Comments(0)

小豆島局不通について

ただいま小豆島局への中継が不通となっております。
http://f51.aaa.livedoor.jp/~iakazuki/
現時点ではサブサーバーの取得を考えておりますが、来週まで復旧のめどが立っておりません。レイアースねたCCさくらねた閲覧の方は今しばらくお待ちください。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-04-14 15:56 | IAKニュース | Trackback | Comments(0)

この消費者不孝者めが!

今日は


ひとりLEXMARKまつり


の連動企画
「エプソンなんかもう知らない…なぜってそりゃーあんた私がモーニングむすめ嫌いだからですよあほちんがーー」をタブタイトルとしてお送りします。

何を申し上げてもプリンターのカートリッジというものは非常に高いのであります。
昨今ではほとんどのものがカートリッジと印字ヘッドが一緒になっており、カートリッジを交換するとヘッドも新しいものになります。
それはむろんエプソンをのぞいて。

なんといいましょうか、エプソンが何故あの路線に走るようになったのか不明です。
しかし今でも「ヒューレットパッカードと互角に歩きわたれるエプソン」時代を思うとそのプリンターをみるたび、「こういうプリンターが軽々と買える経済力がほしいなー」と思ったものです。
いわゆる一つの小さな目標という奴ですよ。
とかいいつつもある時期からエプソンのプリンターのデザインが全製品的に丸みを帯びてきた事に気づきました。もーむす…いやいやハロープロダクションがエプソンの宣伝党になったこととちょうど重なっているような気がします。
その宣伝費のせいか、エプソンが安いという話をいっこうに聞いた事がありません。といった所でそれはキャノンも前者に同じ。

しかしそこ行くとLEXMARKのプリンターは安いです。しかも一万円未満で複合機です。これをなんといったら良いんでしょうか。デザインもクールでロゴの光方も違います。ただ置き場所が…それはこれから考える事にします。


おまけ
実をいうとプリンターとよく喧嘩をしていました。ちゃんと印刷してくれないんです。
何分お古だったから…かもしれません。そういうわけでそれを一気に払拭してやろうという事でこの際思い切って買いました。ちゃんと動くって良いですね。
それにしてもLinux向けのプリンタードライバ出てくれないかなぁ。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-04-05 15:36 | ぶっちゃけ→他事騒音 | Trackback | Comments(0)

ぶっちゃけありえない話XのXの部分が「ぶるーすのーと」になります。

今年の流行語大賞候補は「まっくすはーと」と言う事でその響きに乗っ取った言葉を作ってみましたが、「ぶるーすのーと」っておまえ、「憂鬱を筆録すること」…みたいなね。

とうとう「おぺら」がバージョン8に…と言う事で「スマートランチャー」もバージョン8になりました。
オペラ8はベータ版ですけどね。
http://www.opera.com/download/?ver=8.0b3

「両手に花」なのか?
ギャグジェネレーター8.0もリリース
http://iak-cent.hp.infoseek.co.jp/open-source/taioudo800.html
ココではプリキュアを正式対応する事にしました。
正味な話、今までのプリキュアにネタ制作としてのつかみ所がなかったんですな。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-03-27 11:02 | Trackback | Comments(0)

いやいや、それはね、おれもね、おもっとったたわけですよそれはね。

1990年代進むべき路線を見失っていた某オーディオメーカーがとうとう「デジタルオーディオ」の分野に進出した。

そのメーカーの名はケンウッド
ある時期にさしかかるまではピュアオーディオの世界で名をはせていたが、そのある時期にさしかかるとオーディオファンに見向きされない製品作りばかりをしていた。
しかしながら、ハイコンポのアンプでは密かに実力を見せ始めたが、
「いまいち単品だけでは買いにくそうに見えるアンプ(小生談)」でしかなかった。

そのケンウッドがデジタルオーディオてある。
言ってみればあいぽっとならぬipodがシェアを収めているような状態にありながら、そこに進出してきたのだ。ともすれば何かの覚悟が必要とも思われる。
有名なオーディオメーカーは(MD馬鹿のソニーをのぞく)ほぼ携帯デジタルオーディオプレーヤーの分野に手をつけなかった。
せいぜいmp3形式で収録されたCDを再生できるプレーヤー止まりだった。

ここから先は雑誌の立ち読みの受け売りになってしまうが、やはりオーディオメーカーが作るものは違う。
その雑誌では「音が出る」と「音楽が鳴る」と言う言葉を使ってケンウッドを絶賛していた。
「音が出る」は、字のごとくであるが、パソコン系メーカーがオーディオに対して何らかの情熱を育んできただろうか。
しかしケンウッドにはそれがある。昔はトリオという名で6万ぐらいのアンプで左右別々の電源で動かしていたものがあった。パソコンメーカーにそのような技術の蓄えがあるかどうかを考えてほしい。小生には分かる。
デジタルオーディオと言えば、二言目にはやれ著作権だ違法コピーだのなんだの。こんな事の格闘に終始するようではデジタルオーディオの未来は知れてる。
圧縮率なんかくそ食らえ。バイト数とかを気にするようでは真のオーディオとしてのジャンルにはいれっこない。
某リンドウズの社長はそのデジタルオーディオの先駆者でmp3形式が完成してその音源を聞いたときに「案外いい音」だった事に驚いたそうである。mp3形式には著作権という考えがない。それは普通のCDでもそうであるが、mp3形式はパソコンに収めてしまえば場所をとる事はないし、チェンジャーを買うという究極の手間を強いられる事がない。


つまり、便利なのである。



今は利便性が先行している。しかしそろそろ「音が出るだけ」をやめて「音楽がちゃんとなっている」デジタルオーディオプレーヤーが必要ではないのか。
とにかくまだ選択肢がない。それは製品云々ではない。
「利便性をとるか音質をとるか」と言う選択肢である。
音質をとるという人は必ずいる。音質をとる人は高くても買う。
それはCDでも借りるより買った方が音質の影響が少ないはずであるからそうするという人がいるように、
「音質をとりたいからこの36万円のデジタルオーディオプレーヤーを買う」と言う人はきっといる。
または
「このプレーヤーのDAコンバーターがいいのでそれにする」という人もきっといる。
パソコンからDAコンバーターに流してアンプに送ったりとか、デジタルアンプを…と考えている人もいるかも知れないが、MDでもフルデッキコンポがでたようにmp3形式でもその選択肢がほしいという所だ。

今後のケンウッドの「音楽が鳴る」利便性の高い製品のリリースを期待する。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-03-25 20:34 | ぶっちゃけ→他事騒音 | Trackback(2) | Comments(0)

お笑いブーム崩壊万歳

某芸人がこんな事言っていたのを思い出したのでこういう事を書いてみよう。

「お笑いブーム嫌い!」
今出れば売れる時代でありながら敢えてそれを否定する様な発言。
とはいえ、よく言った。
小生が某会社の社長であればその発言に100万円の投資をする。理由はあるが後にとっておく。
1番そのブームに乗っているのが波田陽区。後で出てきてわずか一年足らずで流行語大賞を獲得。悪く言えば畑荒し。
このままブームが続いて下剋上が起こってくれるのはいっこうに構わない。ただそれではテレビの質がどんどん落ちていくのだ。テレビ制作側が安易な形でそれを利用してしまう。

水は圧力をかけていくと沸点が上がっていく。ところが今は逆に真空状態において圧力が低くなっている。そうすると低い温度で沸騰しだす。今の芸能界は正にそんな感じだ。

「お笑いブーム嫌い!」発言に100万円の投資というのにはわけがある。
それはテレビがお笑い芸人で視聴率を稼ぎ倒すという時代を終わらせるのに十分役に立つからだ。そして今より知性の高い番組作りが可能な確立を増やすこともできるであろう。
ただその発言でただのねたで終わってしまっている。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-03-23 09:39 | ぶっちゃけ→他事騒音 | Trackback | Comments(0)

CDショップの衰退


この項目は「天下御免のエイ・ベックス!」と非常にかぶるような問題ですが、路線が違うためあえて別項目としてお話しします。

CDの全体売り上げ自体はそんなに落ちてはいないと思われますが、間違ってもいい状態ではないでしょう。なぜなら、各地の地元のCDショップにかげりが見え始めたからです。すでに勢いをなくしているところ、まもなく閉店する所、勢いはあっても規模を縮小したという所とあり、様々です。
在庫処分という事で半値ぐらいで旧譜を販売したり、新しいものしか取り扱っていなかったりしています。半値で売っている場合はお客としてはいいのですが、新しいものしか扱っていない場合、昨今の音楽事情をみるにつけ、それはたいそう使いづらい店であるといわざる得ません。
そのかわり大型店がその幅をきかせているようですが、新しいものしか扱っていないという点ではその例に漏れずです。

それでインターネットを通じた通信販売に頼るようになりますが、ここで地元のCDショップでものを買う事の優れた点を上げてみましょう。
まず、顔見知りとなれば予約がとてもスムーズにいきます。一言言えばいいだけです。
「今度の光永亮太のやつ」といった具合にです。
次に、店長の器量をみる事で音楽的関心を高める事ができます。その店長が「ほーしゃれたもの聞くねぇ」となればあなたのその音楽に対するポテンシャルは遺憾なく注がれる事でしょう。後でいい思い出にもなります。

そして一番重要なのは、あなたが興味のないものにふれる機会が多くなるという事です。それはネットでは絶対にあり得ない、または相当の確率でないとこない事です。いずれ、あなたがそれにふれる機会が多く、何らかの拍子で今まで関心のなかったものにふれていこうとする準備ができあがっているからです。
それは「あ~わ行」まですべての棚をあさる事ができるという事です。これが意外と重要です。ときにはあなたの記憶を掘り起こす作業までやってくれる事でしょう。

しかしそれはいずれも店に行かなければ成り立たない事です。
レコード会社はコピー防止策に躍起になっていました。そしてコピーをするからCDが売れないのだと言いました。ではどうせの事ですから、一人あたり毎月何枚CDを買えばいいのかを提示すればいいのです。しかしそれを提示していたでしょうか。いいえ、そんな事眼中にもないという感じでしたね。
もっともCD購入は自主的行動に寄らなければ意味がないからです。
値段を安くした所で駄作では誰も買いません。それと一緒です。
しかし曲数の割に高すぎるというのは間違いではありません。
その高すぎるCDをたくさんの人がデビューして作り出しているのです。CDを出しまくる事は勝手ですが、買い手は無限ではありません。中には誰かに借りてコピーですまさないといけない人もたくさんいるはずです。今の音楽はそれでないと音楽の恩恵を受けられない人たち、そういう年齢層に向かって作っているのですから、売れるはずがないという事を覚悟すべきでしょう。

たくさん稚魚を放流して戻ってきた個体はとても小さい上に買い手がつかない。
そして、買い手がつかないので小さい店はたたむしかない。
これが日本の新しい音楽事情とかしているような気がします。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-03-16 19:43 | ぶっちゃけ→他事騒音 | Trackback | Comments(0)

天下御免戦隊登場そのに「妥当カジュアルハッカー」



「貴様等!!何をしている!」
後ろから声がした。
「なんだあいつら。」
「貴様ら、そのものは何だ?」
「別にあんたたちに教える筋合いないわよ。」
といいつつ、CD-Rの入った袋を別のやつに渡し、渡されたものはその場から急いで走っていった。
「待てーー」

「逃げる追いかける」の死闘の末、彼女たちは袋の中身を投げつけた。
「これがあたいらの買ったモンだ。文句あるか。」
「とうとう化けの皮をはがしたか。」
「何いってんだこいつら。」
「スク・イエイベ王国王女浜崎の命により貴様らを処罰する。」
彼女たちは失笑した。
「かかってくる気がないならこっちからやるぞ。」
「おまえら何者だ…あっ、わかった。馬鹿者ーー」
周りのものが笑い転げている。
「侮辱するとはゆるさん!」
[PR]
# by youkeiexc | 2005-03-16 19:08 | 天下御免のエイ・ベックス! | Trackback | Comments(0)

萌えとは

正味な話、他人から見て異常ととれる状態の一部である。
なぜならその他人はある特定の対象に酷く関心がない。そして持ってない。
また見た目には幼稚に見える。
それと好きと言う衝動で成り立っているのでたちが悪い。
最近顕著になったのは妹萌えかメイド萌え。メイド萌えは大した害が考えられないとしても妹萌えは「ロリコン」と言う鬱き目を多いに覚悟すべきである。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-03-16 10:28 | ぶっちゃけ→他事騒音 | Trackback | Comments(0)

本当は別に書く事なんてなかったのねー


頭の回転数は日々の疲れとルーチンワークの多忙さに反比例します。

ここのところブログを書いていませんでしたが、カテゴリーを見ていたら結構書かなくちゃいけないなーって事多いです。
球界再編劇以来知名度上昇中のライブドアですが、とうとうメディア買収ですか。
まーいいんじゃないですか。これで日本の放送が大きく変わるかもしれませんね。
と言う事で次は東京みゅうみゅう失礼東京FMの買収劇がみたいと思う所です。
あっ。そうだ。他にも買収してほしい所ありました。JR西日本。
なんかあの会社の車両、一部のやつですけど、電車らしいセンスのカラーリングじゃありません。
何でグレーを多用してるの?
それだけで収まればいいけど、茶色系二色ってさらにどうよ?中はまるで新快速みたいだけど、走りはおんぼろですから。それで、やってもらいたい事はまずひとつ。可部線復活。

あっ、しまった。あの人そういうの興味ないか。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-02-25 21:54 | Trackback | Comments(0)

いやな上司のところの班へ行かされる話

高校卒業してすぐの職場で数年したある日、ある人にお酒を勧められる羽目になってしまいました。
羽目って言うんですから、当然僕はお酒が飲めません。
それ以来悪い意味でその人に目をつけられるようになります。
最悪なときにはその人のところへ行かされて…
もーなんて言ったらいいんでしょう。シャレを通り越して言葉になりません。

最悪という言葉はこういうために用意されている物だとつくづく実感するばかりです。
俺には神様がついてないのかーい…。

今でもそういう感じな人の前では自分が変になります。「いつもの普通の自分」を保ってられないんですね。
自らの人生を通して見るとなんか本当にこき使われてるだけの状態は全くとして変わらないなーと思い、そして人生的に進歩のなさを実感してしまいます。
できれば数年後「昔の話をさせておくれよー」と言ったときにいい話をしたいと思ってます。
現状では無理そうですが。

僕が独り言をほざいてしまうときのせりふで
「もーねーなんて言うの…」と言うのがあるんですが、大抵悪い話です。
最近気づいたわけですが、たぶん昔っからそうだったと思います。
悪いと言えば、ここ数年仕事運がついてないというのか見放されてます。
前の前のバイトでは職場閉鎖で解雇、前の警備員の時には仕事がこなくなってしまい致し方なくやめる羽目になりました。そして今「いやな上司のところの班へ行かされる」と言う事が起こってしまいました。

そんなわけでたぶん今日も悪い話を思い出した頃には「もーねーなんて言うの…」と言っている事でしょう。
もうちょっとましな人生あゆめんのかい俺は。
と言う事でそろそろ在宅ワークを…。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-02-09 22:20 | 昔の話をさせておくれよーー | Trackback | Comments(0)

特区を制定しました。

IAKでは一部の方に非常に高度な対応をしたページを開設しました。
http://carrochieria.55street.net/
読み方は「キャロッチェリア」(語源カロッチェリア

他のニュース
ビスともがサブサーバーのみとするコンテンツとなります。
後々に専用サイトとしてオープンする予定ですが、しばらくはメーンサーバーからのアクセスは不可となります。
http://iak-center.web.infoseek.co.jp/bistomo/index.html
[PR]
# by youkeiexc | 2005-02-08 20:32 | IAKニュース | Trackback | Comments(0)

肥満大国日本

世にダイエットという方法は数多くあります。
その前に一言言わせていただきます。

肥満は国家的犯罪、または国際的犯罪です。
なぜそんな事を言うのかというと、肥満は病気の元と言われているからです。
肥満体質な芸能人の皆さん、某番組で斬られまくってる場合じゃありませんよ。
とりあえず万年VIP席の「ぴろぴろのみおじさん」、ミミをかっぽじってよく聞きなさい。

今ここでは肥満を断罪しましたが、肥満の事については今でも人を泣かすほど厳しく言います。
しかし肥満の人がいるという事はそれなりに何らかの証明がなされているわけです。
アフリカの方で偉い肥満の人がいますか?いないでしょ?いても聞かないはずです。
最近中国人に肥満の人が多くなったという話を聞きます。
肥満とは簡単に言うと経済発展の副産物です。
一つに肥満と言ってもいろいろあるのですが、今日はよけいな話をいたしません。

まず肥満というのは食べ過ぎに他の要素が重なった物です。
例として二つあげます。
食べ過ぎ+運動しない
食べ過ぎ+代謝が悪い
つまり食べ過ぎても運動する量が多く、または代謝がいい場合は起こりづらい。
しかし食べるものがどういう物かにもよりますが、太ると次にこんな事が起こります。

食べ過ぎ+運動しない=重たくなるので運動するのがつらい
重たくなるので運動するのがつらい×運動しない=重たくなるので運動するのがつらい

これで自分自身のコントロールが効かなくなってきます。


しかし方法はいくらでもあります。食事制限という事で一食抜いたりしますが、それは大きな間違い。
むしろ回数を増やした方がいいです。

一日三食を1とします。一食分が0.33とします。
もし一日弐食とした場合単純計算であれば0.66となりますが、人間の体というのは今度「飢え」に対しての抵抗力が働きます。それでまた太るという原因にもなります。
ならばどうすればいいのか。
一日の食事量を1としない。でも三食は必ずとると言う形を作ればいいのですが、それがなかなかできない。だから苦労する。
それはおなかがすぐにふくれる食事をすればいいのです。今日はヒントのみ提示をしますが、その後どうすればいいかぐらいは考えられるはずです。
またはあえて回数を多くする。一日五食として一回あたりの量を減らすという風にする。
ですから数字で言うと一回あたり0.2とすればいいのです。
またコーヒーをお飲みになられる人がいると思いますが、新鮮な豆でいれて、砂糖は絶対に入れない。苦いのがどうしてもという場合の人は深炒りの豆を使いなさい。苦みは普通にある「中炒り」の物より苦みは少ないはずです。または中炒りの物より違う感覚で飲めるはずです。

今度食事の回数を増やしたら絶対に間食は押さえる事。もしそれがだめなのなら、漬け物を代用しなさい。それと間食に頼らなくてもいい事をしなさい。
ここで無理に運動をしろとは言いません。冒頭でむちゃくちゃな事を言ったのですから。

そして自分の心配をする事。やせた自分を夢見る事です。
…数年先の将来像を描く事。
闇雲にダイエット、急激なダイエットというのは絶対にやめなさい。
あなたのためです。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-02-06 10:21 | ぶっちゃけ→他事騒音 | Trackback | Comments(1)

ずばりぬかすわよ

最近のCD屋にはいると一種の悪い感情を覚えます。
それというのは僕の知ってる昔の店の感じとは全く違うからです。
時代と言えばそれまでですが、どうしても二度とはいる気になりません。
同じ店でも昔と違う様子になっているからです。

それではどういう感じになっているかというと、
ちゃらちゃらしているのが第一の印象。
それとCDを探す気力を一気に失う配置です。それはもっと言うと、ここ数年の「新しい人」の物しかなく、他は注文をかけなければならないと言うところです。
しかし、店にも場所の制限がありますから、これは仕方ないとしても、ここ数年の「新しい人」がちゃんとCDを出すに相応しい人であるかどうかです。
今CDが売れていないという風に言われていますが、ちゃんと歌を歌うに相応しい人で出しているかどうかです。そうなる前の数十年前に戻りなさい。戻ってそのときの状況を鑑みてください。
なぜ音楽界と某電鉄が不況知らずだったかを。
そうすればもう答えは見えるはずです。

もし音楽の利益を守るというのであればちゃんと歌を出しなさい。
アイドルに歌を出させてその利益を守る必要はありません。ちゃんと歌が出せる人の利益を守りなさい。
そのちゃんと…というのは歌手として相応しい人の事を言うのです。
今でている人たちの大半がそれに相応しい事をしていないから今のような状況になったのです。
[PR]
# by youkeiexc | 2005-02-06 09:52 | ぶっちゃけ→他事騒音 | Trackback | Comments(0)