<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お前には「応援歌」のなんたるかが分かっていない。

結論から言わせていただく。

応援歌とは「かっとばせ!」である。

それにはずれる物すべてにおいて、すでに応援歌として採用される事もおかしいのである。
野球はともかくサッカーでも他のスポーツでも穏やかな気持ちで応援団をやっている人なんかいるのだろうか。どこかの学校の応援団がどういう物かを考えてもらえば分かる事である。じゃあチアガールはどうなんですかっていう話は抜きだ。
中学校の時には応援合戦なる物があったりしたが、とにかく「穏やか」ではない。

もう一度結論を述べる。

応援歌とは間違ってもブルース調で「球場にGO」ではない。

さて核心に迫っていこう。ケミストリー堂珍が「広島生まれでカープファン」と言う事で応援歌を作ったわけだが、それがかれこれ壱年以上前だろう。なんと広島カープは優勝どころの状態でなくなってしまった。最下位なのかそうでないのかの記憶が不鮮明なくらいその応援歌は勝利に貢献しなかった。応援歌のせいにするのはとても卑怯ではあるが本当にそう思えてしまう楽曲なので一度試しで聞いてみると良い。とても応援歌としてはありえない作りになっている事を1000%保証する。いや数値で表すのがまどろっこしいくらいにありえない作りである。
さらにケミストリーには「実績」というのか「前科」と言った方が良いくらいの物がある。それはサッカーのワールドカップ…日韓共同の腐れ物である。このころから日本は足を踏み外し、ボタンをさらに掛け違えたのではなかろうかという事件…まーその言葉はもう一度胸にしまっておこう。さて、世界にも例を見ない共同開催であるワールドカップの公式応援歌に起用された。これも日刊凶作。…失礼日韓共同。またこれが応援歌らしくないのだ。これは「広島カープの応援歌」よりも有名であるが…
まずケミストリー自体が応援歌を歌うような顔ではない。
もっと言うと「キロロ」にハードロックの曲を作って歌ってくださいと言っているのと同等である。さらに言うと「つじあやのさん、布袋寅泰とロックンロールなデュエットやってください」と言うリクエストを出すに似ている。

人には適正がある。
アーティストにも適正がある。
どんな物にもその特徴から由来する適正がある。
今後「応援歌の勢い」に合った人材で応援歌が作られる事を祈るばかりである。

もう一度言う。
あなたが何かを応援する時、どんな状態ですか?
熱を上げている状態ですか?
そのとき楽曲で言うとどんな曲に相当しますか?
熱が冷めている状態ですか?
そのとき楽曲で言うとどんな曲に相当しますか?
[PR]
by youkeiexc | 2006-01-29 22:55 | ぶっちゃけリローテッド | Trackback | Comments(0)

シャ乱Q活動再開おめでとう!まーせいぜい精進しいや。

先日シャ乱Qが活動を再開するという事をにおわせる話があった。

さて小生はシャ乱Qのファンではない。
シャ乱Qの活動が行われれば良くも悪くも音楽界が動くと読んでいるだけである。
しかし今や「エイベックス」が音楽界を牛耳っている事はすでにレコード大賞が形骸化…エイベックスの宣伝塔になっている事から「昔のままのシャ乱Q」が大船に乗った格好の芸当は出来ない物と思われるが、シャ乱Qの某人は「ヒット曲は違和感」と言う事を言っているためそれで乗り切ろうとする事は出来るのではなかろうかという事である。
さらにシャ乱Qが正式活動再開をすれば例の某人の力で存在が成り立っているグループとかがどうなるかも見てみたい。

そしてあわよくば今の音楽界の現状を「毒が毒を制す形で消滅する」形で変えて欲しい。

つまりは怖い物見たさである。


小生が持ち合わせているシャ乱Qに関する話をする。
シャ乱Qはたしか「上京物語」でデビューするのだが、「シングルベッド」でブレイクする。その後「ウルフルズ」のボーカリストに喧嘩を売られる。
ファン同士では実質上戦争が勃発。今は不明である。
そのあとヒットを飛ばしを続け数年後にシャ乱Qは解散とも活動停止ともとれない状態にいたる。その後に「ものすごいサイクルで「オイル交換ならぬメンバー交換を行う」グループ」とか「某アニメの「あらら」のキャラモデルにも使われた「一部の人に微妙扱いされる」純アイドル系」の人を輩出したのは記憶に新しいまでである。
ただ小室プロデュースと比べると「例の某人」のプロデュースはいい加減さが目立っている。いや、際だっている。
しかもたちの悪いのは「オーディションから漏れた物が大ブレイク」するのが特徴である。

あほか。

ある意味「見る目」がない。ただある程度目的を絞っているのでそれは致し方ないのであろうが解せない。
もう一つ「例の某人」のプロデュースする楽曲自体はある程度値からはある物の「企業からのタイアップ願い」を見た事がない。「午後の紅茶」以外みすみす楽曲宣伝効果のある企業のCMから見放されている。それはここ数年の楽曲の多くはそうであるが、小生がタイアップを求める会社の社長であれば絶対採用しない。
そして何よりも普通の感性の持ち主から見ればこの人こそ歩く「微妙」である。

さて「ものすごいサイクルで「オイル交換ならぬメンバー交換を行う」グループ」であるがたいした音沙汰がない。活動はしているのではあるのだろうが、メンバー交換で維持してきた名声は今はないと言っていい。
共倒れするか、親が生き残るか、子が生き残るか…
それが今年にかかっている。
[PR]
by youkeiexc | 2006-01-29 22:25 | ぶっちゃけリローテッド | Trackback | Comments(0)

あるところのコメントに書こうとしたら長くなったので


サンリオ系とミッフィーを比べた際…そういう究極の選択のようなものを迫られたことがありまして、あえて「キティー」派を敵に回すことにしました。というわけではありませんが同じサンリオ系に属するマイメロは対象外ということになり、その「対岸」にあるミッフィーということになります。
さらに言うと大人になってから卒業すべきは「アニメ」ではなく「サンリオ系」であると言いたいわけです。しかし逆の理論も発生しますから最終結論としては「好きなら好きで干渉しあうことも無ければ自分からそれを求める必要も無い」となります。

数ヶ月前ぐらいに萌えを絶賛する「電波男」がりリースされ最近「嫌オタク流」と言う本が出ました。僕の場合は「電波男」を隅の隅まで読んでおりますのであの本がどういうことが言いたいのかが自分なりによくわかっております。それは一見萌えを絶賛するだけという風に見えますが、いろいろな哲学が集約されており「人生の学術書」とまで感想で書いたことがありました。
何が言いたいのかというと「電波男」とは逆の理論を唱える本を作るのは非常に簡単ですが、たとえて言うと必ずしも「オタクを否定することが正義」とか「オタクを否定する奴は人間じゃない」という理論には絶対行き着くことは無いのです。それはただけんかしたい人の理論でしか他なりません。
脱オタという言葉がありますが、なぜそれをしなければならないというのでしょうか。
ここで注意する点は基本的にオタクといわれている人たちの多くはアニメとかゲームのある部分かすべてを好きである人たちのことを一般的に言うようです。まだ昔の考えで「大人になってからアニメってそんなあーた…」という考えが根強くあるということ他ならないでしょう。とにかくこういうことが問題になったり話題になったりしているのは大人になってからもアニメから卒業しない人たちが多くいたということであります。
今はそんなこと否定しません。自分勝手にすればいいのです。
自分勝手にする…それは他人に何かをいわれることを考えず自分の好きなことをやる。自分の道を貫くということです。自分の道を貫くということは完成を見るまで投げ出さないことです。仕事でそれを貫くことは大変ですが、アニメとかの趣味の場合大抵はみんな好きでやることですから投げ出すつもりも必要も感じないでしょう。

ではなぜオタクはいるだけで袋叩きなのでしょうか。
それは理解が無いということと自分から叩かれる事をしているかのどちらかです。
オタクもそっと自我の至福のために身を潜めるようにしていれば何も無かったことでしょう。そういう点で去年は残念な年になりました。

そっとしといてほしい。
一言で言うならばそれだけです。
たとえば鉄道模型をやっているという場合、どちらかというと良い方で関心をもたれますが、アニメが趣味ということになると「いつもの厄介さ」がついて回ります。ある方面ではアニメは日本の文化であるといわれていますが、少なくとも日本国内ではそうではないようです。
[PR]
by youkeiexc | 2006-01-22 15:39 | ぶっちゃけリローテッド | Trackback(1) | Comments(0)

スピーカーのない年越し

いきなりだが
今年が始まってそうそう
去年を振り返ってみるためデジカメで撮った画像を探していた。
どうもそれらしき物が見あたらなかったのでここにネタを書く事にした。

さて今年から小生の部屋から姿を消したのがスピーカーである。
家族にはとかく不評の方が多かった物である。
物としてはB&WのCDM−1でケブラーコーンの黄色いスピーカーである。
スピーカーのある生活は意外とよかった。音量さえ気にする事がなければ。とにかく家族の物にしてみればただうるさい音の鳴る箱の存在でしかなかったようである。時としてラジオの音源を流してみればうちの母が「おっ?」と言う反応をするぐらいである。
それにここ数年スピーカーでおおっぴらに流せない物を聞く方が多くなってしまったのもその一因…と言いたいところであるがスピーカーを売ってしまう半年前からヘッドホンで音を聞く比率の方が多くなっていたのだ。

さてもう一つない物がある。
チューナーである。
もう用済みになったのだ。それは聞きたい番組の時間帯に帰ってくる事がなくなりそれ以外の時間帯で聞きたいラジオ番組がなくなったという物である。

ここで普通なら「ハイコンポにでも」と考えたいところであるが、それはどうしてもいやなのだ。前のアンプにガタが来て新しい物に変えてまだ五年もたっていない。
とてももったいない使い方であるが、機能性の高いヘッドホンアンプにならざる得ない状況だ。

とにかくスピーカーが恋しい。
そのまえにスピーカーで聞きたくなってくる楽曲の繁栄を願いたい。
[PR]
by youkeiexc | 2006-01-15 23:26 | ぶっちゃけリローテッド | Trackback | Comments(1)

勉強しろとは言われたよ。確かにね。

久々にこんな事を書く気になったのはちょっと思い出したから。

夢のある人は進む道が見えている。こういう人は勝手に勉強でも何でもする。
しかし夢がない人は勉強なんて手がつかないだろう。
この小生昔はただいじめられるだけの日々を暮らしていたので将来もいじめられないだろうかという心配ばかりしていた。これで将来の夢なんて考えていられるわけがない。

世間が求めているのは善良で有能な納税者である。
簡単に言いすぎるとそういう事だ。
だからニート…もとい「働かない人」が多くなると危機感を募らせる。

学校では
「これを勉強しなさい」という言い方はすれど
「これをこう勉強しなさい」とか
「この勉強は将来あなた方が何らかの経営者をするようになってから非常に大切」
なんて教育はしない。

もう一つ教えない事がある。
「人間関係のいい会社と悪い会社の見分け方」だ。
人間関係一つで仕事がし易かったりそうでなかったりする事はあるのだ。
[PR]
by youkeiexc | 2006-01-14 00:02 | 教師バカギレ物語 | Trackback | Comments(0)

よし、だるいけど杉村泰三に一言書くぞ。

日本にはいま「たしかな人」がいない。
それはなぜか。
簡単な事である。
「確かに約束を守ってくれる代表がいない」と言う事だ。

「すぎむらたいぞう」って「杉村太蔵」と書くんですね。

今まで日本の現状を見るにつけ…そんなに長く生きてないのでたいそうな事はいえない。
聞いた話からいろいろ考える。
高速道路を数十年後にタダにすると言っていたが、それは未だ果たされていない。
そういうのだけならいい。と言っておこう。
逮捕されたくせに当選している。
…日本の世も末と言われて数年たった今がここにある。
もう一度言う
逮捕されたくせに当選している人がいる。
そんな人もいる党である若手の議員が当選を果たした。
遠い例えで「演歌界のプリンス氷川きよし」と言ったところか。
しかしね、自由民主党って言うのはすべてにおいてやばいわけですよ。その言葉の通り。
不鬱に…いやいや普通に考えると大きい組織でのたった一人の発言権ってたいしたことないんですよ。そういう意味でもなんか「お子ちゃまの政治家ごっこ」としか思えないんですよ。
だってね、…政治の世界は違うかもしれないけれど、大きな組織に入っちゃったらその歯車として存在しなければならなくなるわけですよ。
「グリーン席乗ってもいいけど…分かってんだろうな」と言う事ですよ。
そのうち
「逮捕されたくせに何で当選してのさバーカ」って言う感情が起こらなくなる…というのかそれに鈍感になっていくような気がするんです。
僕にはタダこの人はテレビにちやほやされているだけだなぁーって言う感情しか抱けません。

あえて一つ。
何もできなくて良いからたった一つこういう言葉をなくしてください。
「近頃の若いもんは」

More
[PR]
by youkeiexc | 2006-01-11 06:33 | ぶっちゃけリローテッド | Trackback | Comments(0)

ラジオの神様

ちょっと聞いて欲しい
僕の祈りを
あなたが存在していると思うから
話をしたい
ラジオの神様

僕は何気なくラジオを聞いてきた
そもそもの目的は
音楽聞きたさのため
でも今その目的がないんだ。

変な音楽の氾濫する世界になんて身を置きたくない。
僕が今思うラジオってそんな感じ。

誰かの話を聞くのも一興だと思ってた
しかしそれに笑いを求めてじゃないんだ
誰かが真剣に普通に自分のやっている事について語る姿が
昔ラジオで見る事ができたんだ。

その手の人たちはいったいどこへ行ったんだろうね。
僕の周りにはそういう人誰もいないよ。
真面目が病気の元なんていう風に言われているけど
そんなのありえないよね。
笑いもちょっとあって良いかもしれないけど
ただそれだけじゃ拒絶症状が出ちゃうんだ

空っぽの世界で空っぽの音楽が流れている
僕にそれを止める事ができない。
ラジオの神様
僕に力はいらない
僕の祈りを聞き入れてくれるだけで良いんだ
お願いだ。
僕の聞きたいラジオを取り戻してくれ。
[PR]
by youkeiexc | 2006-01-08 22:19 | ????(きどあいらく) | Trackback | Comments(5)

下手物紅白をぶっ飛ばせ!平井堅様いらっしゃい!!その弐

IAK紅白嘘合戦予選通常枠選考結果

白クラス通常枠選考曲
スキマスイッチ
 全力少年

紅クラス通常枠選考曲
ドゥーアスインフィニティー
 nice & easy
[PR]
by youkeiexc | 2006-01-03 19:21 | IAKニュース | Trackback | Comments(0)