<< 昨日の話より お歳暮代わりにどうぞノシ >>

先生俺が悪かったよ。

小生の人生を完全に狂わせたというのか振るわせた出来事を紹介する。
例によって悪い話だ。
小学校で二回も長期にわたる差別といえるべき事件に巻き込まれた。
両方とも女子からのものだ。やり方はごくごく簡単で小生の事を「汚い」と言って避けて通ればいいモノだ。簡単といえども小生を見るたびその都度「きたない」「けがれ」「よごれ」と言っていなければならない修行クラスに相当するモノだ。それをクラスの女子全員がよってたかってやるのだからそいつの人生の一度や二度、もしくはまかり間違って180度狂う事は請け合いである。それを一般的に言うと人間不信である。
今までどうしてそのような仕打ちを受けなければならないのかと理解に苦しみ、時にはそれを思い出すだけで寝込みそうになった事すらあった。ただここで助けを求めたのが先生だったためそこから大きな間違いが起こっていた。
二度ある長期の「仲間はずれというかいじめ」のうち一回ははっきりとした原因があり、完全な解決を見た。

変なモノをさわったと言うだけの事だ。だが、日本にはけがれ文化…というのかけがれは洗っても落ちる事は無いとされている。一時期はそれを環境団体に叩かれもしたモノだ。今は割り箸とかについての理解も得られると同時に「マイはし」を持ち歩く「見た目環境に優しい人」も出てきたが、それはどうでもいい。

ところがあとの一回は不明である。なぜにまた二年に及ぶいじめを受ける羽目になったのか。さらには小生がどうこうと言うだけで、ヒステリックを起こす馬鹿もいた。花とつく名字の奴。本名自体をさらし挙げたいところである。そいつを含めて殺しに行っておつりが来そうな奴は三人はいる。
刃物で殺ろうか。
ヒ素で殺ろうか。
ガスで殺ろうか。
何で殺ろうか。
考えるときりがない。
ところがそんなこいつらもとも久しくよろしくやっていた時期だってあった。
むしろ小生は女子が好きで男子が嫌いという状態がその以前であり、さらには恋愛寸前の近所の女子もいた。しかもその恋の行く末を占って「将来このふたりが結婚するが子供は無し」とまで占ったモノもいた。まるで某国の戦前みたいだなぁ。
それは一気に崩壊した。別に崩壊しても痛くもかゆくもない。恋愛寸前だったのだから恋愛はしていない。いたいのはそのあとだというのはさっき軽く紹介したとおり。

ところがこの問題、差別とは…と言う事を考えたら実はとても明快単純なモノだったのだ。

小生の事を下に見ていた。畜生以下の扱いをしていたのだ。


差別とは誰かを下に見ないと発生しない。そういうモノであったが、当時はやられている方なのでそこまでの考えまでに至る事はなく「早期解決」を願っていただけ。それではならんと先生に相談するも解決には至る事はなかった。当時小生にちょっかいを始め暴行やモノを取ったりする人間は山といた。そのたんび言いつけに行くので「いい加減に自分で解決しろ」という有様。さらには小生に暴行とかを加えている奴が言うのだから笑止千万。自らアホをさらしている事も請け合いであった。これで助けてもらう人がいなくなった。当然親に言ったところでまともに取り合うわけがない。ぶん殴ってやれとは言うがそれが出来手入れは誰かに助けなんか求めない。ひょっとしたらもっとひどい事になったいたと思う。
これで完全に人間自体をうざいと思うようになった人間の一丁出来上がりである。

先生ばかりに頼ろうとした僕が悪かったです。
だって先生に絶対に解決できない問題を持ち込んだんですから出来るわけがありませんね。
ここで一旦謝りますが、一生先生の事をもう一度見直そうとか、恨むのはやめようとかって言う考えはこれっぽっちもありませんカラーーーーーーざんねーーん!
[PR]
by youkeiexc | 2005-08-23 13:35 | 昔の話をさせておくれよーー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iaknews.exblog.jp/tb/3348300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 昨日の話より お歳暮代わりにどうぞノシ >>