<< 車両増備計画2013年4月1日現在 うおおおおおしねる。 >>

グリーンマックスNゲージ総合カタログ2013 Vol.15

カタログレビュー


某所では「Vol.14から8年」とあるように物凄く待ちくたびれたといってもいい。そんなところへやってきたVol.15です。小生はグリーンマックスの大阪日本橋の店で買いました。完成品のラインナップをようやくまとめたか…の前半と、従来から一切変わりなくカタログに「乗り続けて」いる「板キット」ことエコノミーキットの紹介を縮小した後半というようなところでしょうか。
今グリーンマックスの製品の種類は、生き残りをかけるために出している完成品、一部の車両については完成品よりお得な塗装済み組み立てキット、全くの壱から組み上げる「作る楽しさ」と「可能性を求める自由」の詰まったエコノミーキット、台車パンタグラフなどの車両に必要な基本的な部品、建物などのストラクチャー、塗料というふうに分けられると思います。

完成品(通称グリ完)
これは今「工作する人」の数が減っていることが生んだ結果でありますが、今後の同社の製品展開の主力となっておりますが、物によってはとても高い。阪急の車両は板キットから組んだほうが安く仕上げることが出来るかもしれませんね。とはいえカタログでは同社の現実を垣間見ることが出来るの一言につきます。
が、よくよく見てもらうと4●●●から始まる番号が完成品、1●●●から始まるのは塗装済み組み立てキットの品番です。あながち工作派の人を見捨てているわけでは無さそうです。ただし完成品しかないものはそれだけ…のことです。

塗装済み組み立てキット
先程も取り上げましたが、同じ車種でも完成品よりお求めやすい立ち位置にあります。動力付きはトータルキットともいわれております。本当言うと「作る楽しみ」が板キットのことを思うと半減なんですが、手軽に組み立て易いキットで組んだ時点ですぐに走らせることが可能です。それに板キットみたいに後で部品を買い足す必要がない。そうそう最近ではネットから買うってことができるからさほど問題視していなかったりするんですが、そうでない時代で街の模型屋というのか鉄道模型を扱っている店が縮小傾向にあったりした頃は部品の入手はとても困難を極めました。ある種グリーンマックスの最小限の善意と言えます。
同カタログはこの2つでほぼ半冊分の紙面を使っています。

エコノミーキット(板キット)
昔グリーンマックスと言えば板キット事エコノミーキットでした。今も種類は減っていないものの同カタログでは紹介紙面数がかなり圧縮されています。前回のカタログにあったであろう「キットの作り方」は省かれております。
[PR]
by youkeiexc | 2013-03-10 16:25 | とれいんスピリッツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iaknews.exblog.jp/tb/20131577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 車両増備計画2013年4月1日現在 うおおおおおしねる。 >>