<< KATO 鉄道模型カタログ 2012 車両増備計画2011年12月... >>

三十代初?グリーンマックスのアレを買う。

今日はまともにブログらしいことをしてみようと思いますが、グリーンマックスが板キットと共に売っているものがあります。それが鉄道カラーです。

鉄道カラーというのは…いや言うまでもないですね。例えば阪急の色とか阪神の赤胴車の色とかを調合してある塗料です。国鉄色であればだいたいカバーされているものと思われますが、この塗料本当によく混ぜないと「その」色が出てきません。分離してるんですね。結構濃いのである程度薄めてないと筆塗りでも厳しいのですが、発色はミスターカラーより格段に良いです。
ただこれが高校生の頃とかって言うとものすごく高い。何せ250円ですから、揃えるのに千円札がどれだけ飛ぶかと思うとおいそれと手を出したくないもので、以前に阪急のキットを組んだ時には水性カラーのチョコブラウンを使ったものですが、ここ数年来実際に反響に乗りに行って確信をしたのですが、あれはチョコブラウンに似ていそうで似てません。写真とかで見るとそう見えるかもしれないというレベルで、目が肥えてくると「あの時の小生は何をやっていたのか」と言う気分になったりでなかったり。
今回はクリーム4号、レッド27、阪急マルーンを購入。最初はマルーなんかは「いやこれパープルだろおい」と言う見た目でしたが、よく混ぜていくに連れて阪急沿線の人にも馴染みのある色になって来ました。それとクリーム4号は今回阪神の赤胴車の上半分で使いますが、どうも見た感じのような色…そうです。瀬戸内色のクリームもその色でした。やっぱり小田急アイボリーでクリーム4号の代用は無理。ある材料と言うか塗料で済ませてやろうとしましたが、踏み切らなくてよかったです。
[PR]
by youkeiexc | 2011-12-28 21:44 | とれいんスピリッツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iaknews.exblog.jp/tb/17480343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< KATO 鉄道模型カタログ 2012 車両増備計画2011年12月... >>