<< 車両増備計画2010年 9月2... 車両増備計画2010年 9月1... >>

新型架線柱

最近新しく設置される架線柱の形はこういうタイプが多くなっているようです。
といってもこれではありません。
http://clossing.exblog.jp/13877668/
東京の方ではメンテナンスを軽減する目的で、送電とカテナリー(吊架線)を兼用するインテグレート架線システムを採用しているようです。外観もすっきりします。

で、伊紗奈線に架線柱をつけるのに採用しているのがこの形
http://ryo-hobby.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/--a402.html
この記事の二枚目の画像です。
昨日調べた時点では「溶接型可動ブラケット」と言われるもののようです。これに関してはまだネタが出回ってない上に製品化は到底望めないでしょう。しかし形としてはとてもシンプルで作り易く、プラ棒を焦げないように3センチぐらい炙って、片方を斜めに切った4ミリ厚のバルサ板に押し当てるとその形が出来上がります。あとはそれらしく作ればおーけー。
b0060287_17241348.jpg

[PR]
by youkeiexc | 2010-09-25 17:24 | がっつんがつん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iaknews.exblog.jp/tb/14080102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 車両増備計画2010年 9月2... 車両増備計画2010年 9月1... >>